Rochina 光と影2013-09-02(Mon)






Rocinhaの光と影...

20130901-1.jpg








20130901-2.jpg








20130901-3.jpg









最近はちゃんと電気もチャージしているそうです。

20130901-5.jpg









20130901-6.jpg








45M2で、3.5百万円程、

高いものは1千万円近くまで...

ここも物価が高騰しているのだと思います。

20130901-7.jpg







20130901-8.jpg







20130901-9.jpg







20130831-12_2013090207194392e.jpg




リオの明るい光が射し込むfavela

どんどん希望が降り注ぐ街になってくれますように!!










スポンサーサイト

Comments(2) | Trackback(0) | others

Comment

「盗電」だったんですよね。

こんにちは。
こちら今週末は Labor Day の長い週末です:白黒で見るファヴェラも良いですね。
以前どこかの局のドキュメンタリーで見たのですが、電気なども「盗電」で、自然発生的に仮設住宅がドンドン強固な改造住宅になって行く映像も流されてました。一種の無法地帯ですが,そんな場所の売買が行われているという事は、行政が後からついて行っているという事になるのでしょうね。
アフリカの石油パイプラインから燃料を拝借するために現地の人たちがパイプに穴を空けて事件になった事もありましたが、ヒトの生活が規則でがんじがらめになって行く過程を見るようで興味深いです。
しかし、世界は増々窮屈になって来てますね〜核の脅威で言えば,今の所,一番安心できるのは南半球ですが、インターネットの規制と云い、旅行の規制と云い、、、ブラジル政府も大分立腹の様子でちょっと嬉しい反応です(日本は反応ゼロ!)。
良い週になりますように。

2013-09-02 16:21 | URL | yokoblueplanet [ 編集]

Re: 「盗電」だったんですよね。

yokoblueplanetさま、

昔は正に無法地帯のduty free dangerous areaだったのだと思います。
いや、未だ銃撃戦も置きますし、ドラッグ関連の事件もあるので過去
系ではないですね。

しかし、ご指摘通り、行政が色々と整備してきているのも事実です。
安全、秩序、規制、規則というものが、芽生えて育っていく過程だと
思います。

サンパウロからリオの市内に行く途中にangra dos reisという数え切れ
ない程の島に囲まれた綺麗な海に確かブラジル唯一の原発があります。

今年6月にどこかの国の首相がブラジルへの原発輸出推進などと提案し
たようですが、本国の放射能漏れを止められず、他の原発のリスクの
度合いも未知なまま、そういう提案が出来る事自体、理解不能です。

2013-09-02 18:51 | URL | taka [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://biquini.blog11.fc2.com/tb.php/746-72a28ca6

profile

bino

Author:bino
I love Brazil, the seas,
motorcycle, photographs,
the beautiful ceramics...

um momento inesquecivel...
I want to send the scenery of
an unforgettable moments.

visitors

flag counter

free counters

PVポイント

email form

your name:
your email address:
subject:
your message:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援お願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ

ありがとうございます。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

twitter

Follow takagatinho on Twitter

search

QR code

QRコード

月別アーカイブ