昔ながらの床屋さん(木村理髪店 in Sao Paulo)2013-01-27(Sun)


サンパウロの東洋人街、Liberdadeの中、

Rua Galvao BuenoとRua Americo de Camposが交わる所に

『木村理髪店』があります。(確か前にも記事にしました。)

20130126-16.jpg















今朝、僕は5年振りに行きました。

オーナーだった木村さんは既に引退されていましたが、

僕を髪を昔刈ってくれていた『せっちゃん』はいました。

20130126-20.jpg
















僕に気付くと他の方の髪を刈っている途中なのに

『久しぶり。元気だった?』と...

握ってくれた手が温かくてホッとするものを感じました。

20130126-15.jpg















何だか30年前の床屋さんみたいな品揃え?ですよね。

確か50年近く営業されていると思います。

20130126-21.jpg















ちなみにカズも通っていた床屋さんです。

今でもブラジルに来ると顔を出しに来てくれるとか...

20130126-22.jpg








追伸:

僕はずっと坊主だったのですが、最近少しだけ伸びたので
横と後ろを刈り上げたくなった次第です。そんな技術は、
binaにはないので行った次第です。床屋から出てきた僕は
全くの坊主頭。

『あなたにはブラジルと坊主頭とバイクが似合うよ。』

とせっちゃん...












スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:海外情報 » テーマ:ブラジル

Comments(2) | Trackback(0) | 散歩

Comment

心の拠り所

こんばんは。
こういう場所は心の拠り所になりますね。ありがたいことです。
サンフランシスコ湾岸にも戦前からあるジャパンタウンに(戦時中、強制収容などで一時途切れましたが)何件か旧いお店があったのですが、新しい資本が別の場所に店舗やレストランを構えるようになったため、だんだん寂れてしまってます。その辺りを、歴史を残す意味でも、もう少し考えて欲しいなと思うときがあります。

2013-01-27 00:21 | URL | yokoblueplanet [ 編集]

Re: 心の拠り所

yokoblueplanetさま、

この床屋さんの中に入った途端、
30年位前にタイムスリップしたような感覚になり
その次には昭和の懐かしさのようなものを感じます。
彼女らの笑顔や優しさには本当に懐かしさを感じます。

新しい資本で古いものを壊し新しいものを作る。それ故
に寂れてしまうというのは良くあるのかもしれませんね。
正に考え尽くした結果ではなく、成金、ハリボテ的な欲
の結果なのでしょうね。

2013-01-27 03:12 | URL | taka [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://biquini.blog11.fc2.com/tb.php/637-e9d4856a

profile

bino

Author:bino
I love Brazil, the seas,
motorcycle, photographs,
the beautiful ceramics...

um momento inesquecivel...
I want to send the scenery of
an unforgettable moments.

visitors

flag counter

free counters

PVポイント

email form

your name:
your email address:
subject:
your message:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

下の「ブラジル情報」アイコンをクリック頂き、ランキングの応援を頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ

twitter

Follow takagatinho on Twitter

search

QR code

QRコード

月別アーカイブ