Gaudíに魅せられて...2011-12-28(Wed)



20年前、僕は彼に会って、ショックを受けました。

タイルのモザイクで出来たこのデザインが余りに感動的で。

Parc Güellの中で、いや、ガウディの作品の中で、1番欲しいモノかもしれません??

もらえませんし、買えませんが...

20111227-26s.jpg














僕は20年前ここにも立っていました。

懐かしさで心が弾んでいる自分がいました。

20111227-3s.jpg














昔もこうやってユニークなデザインの建物とその背景を眺めていました。

20111227-24s.jpg














どうして、どうやって、

このようなデザインをこのようなマテリアルで創ろうという発想が生まれるのでしょうか?

20111227-29s.jpg













binaには特別に触れる事を許しました。

( 皆触れていましたが...)

20111227-20s.jpg















世界一ユニークな公園に彼女を連れてこれて良かったです。

20111227-28s.jpg














僕の心を読み透かしてくれているようで、親近感を持ちます。

20111227-21s.jpg














サグラダ ファミリアです。

ここも懐かしいです。

20111227-5s.jpg















確か、重力を利用してデザインしたとか??

重力であれ、逆さまであれ、こういうものをデザインしてしまうのは、凄過ぎます。

20111227-6s.jpg















百数十年前のデザインに見えますか?

20111227-14s.jpg














人間の神経かDNAの世界を電子顕微鏡で覗きながら、デザインを考えたのでしょうか?

20111227-7s.jpg













サグラダ ファミリアが完成した時、

全ての塔は、パイプオルガンのパイプの役目を果たし、共鳴すると僕は信じています。

その場に是非とも居合わせたいものですが...

20111227-8s.jpg













神聖というより、神秘的、斬新的に感じてしまいました。

20111227-12s.jpg















外の表情と中のそれとは随分違いますよね。

20111227-10s.jpg














溜息です...

20111227-9s.jpg














これは塔の上に登った時の写真です。

エレベータで最上まで登った直後は、彼女も余裕があったのですが...

20111227-16s.jpg














狭く急な石段を下る際、

高所恐怖症のbinaは涙目になっていました。

彼女がパニックにならぬよう叱咤しながら降ろさせました...

ごめんね。

20111227-17s.jpg













ステンドグラスを通る光まで、ガウディはきっとデザインしていたのでしょうね。

20111227-11s.jpg














時間がどれだけあっても、決して見切る事ができないのが、

サグラダ ファミリアだと思います。

20111227-2s.jpg


















スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:海外情報 » テーマ:スペイン

Comments(12) | Trackback(0) | Europe

Comment

30年前

私が初めて行ったのは30年前です。内装はほとんどありませんでした。とてもきれいになったのですね。
素敵な写真を見ていたらまた新しいサグラダファミリアを訪れてみたくなりました。
本当に写真も素晴らしい!!

2011-12-27 21:58 | URL | madame-Y [ 編集]

堪能

ガウディ、堪能させていただきました。溜息です~
以前、テレビでガウディ特集を見ました。
ガウディの設計したアパルトマンは、一見斬新すぎ、住みにくそうなのですが、
実は、とても落ち着く空間なんだそうですね。
住んでいらっしゃる方々がうらやましく、妬ましく思えました。
ガウディの建築は、温かみがあって大好きです。

2011-12-27 23:32 | URL | Tanya [ 編集]

Re: 30年前

madame-Yさま、

昨夜タブラオに行くのを止めて、Barcelonetaに行かせて頂きました。
とても美味しく、ギャルソンの態度も気持良く、良い時間を過ごせました。
ありがとうございます。

僕も内装には驚きました。モダンなデザインですが、訳のわからない自己
満足型のモノとは違い、包み込んでくれる様な感じでした。

是非、また訪ねてみて下さい。

2011-12-28 02:05 | URL | bino [ 編集]

Re: 堪能

Tanyaさま、

Casa Milaは、僕も昔から住んでみたいなと勝手に憧れています。
100年以上前のアパートには見えません。昨日も外からボーと。

そうですよね!
ガウディの作品には人を優しく包む様な温かみがありますよね。
だから、単なる奇抜とは違うのかなと思います。

2011-12-28 02:10 | URL | bino [ 編集]

すばらしいです!
このセンスの良さには言葉がありません。
実際にこの目で見たらもっと感動するのでしょうね。
行きたーい!!!

2011-12-28 06:31 | URL | Maririn [ 編集]

スペインまで来られていたんですね。
イタリア滞在の記事を読まさせて頂いた時は、この国にまで足を延ばされるとは想像もしませんでした。おまけにフランスを思いっきりスルーしてるし…(苦笑)
binoさんにとっては、本当に思入れのある国なんですね。

私も初めてバルセロナを訪問したのは20数年前です。サグラダ・ファミリィアは行く度に、新しい顔が増えていたのに感動してたんですが、ここ10年ほどすっかりご無沙汰しています。現在はかなり完成度が高いのではないですか?

この先の予定はどうなっているんでしょう?
この辺にまで来られる機会があれば連絡してください。

Buen Viaje!

2011-12-28 07:22 | URL | leona [ 編集]

Re: タイトルなし

Maririnさま、

凄いセンスですよね!

是非是非、肉眼でご覧下さい。
もっと感動されると思います。

日本からならひとっ飛びです!!

2011-12-28 09:54 | URL | bino [ 編集]

Re: タイトルなし

leonaさま、




今はまだバルセロナですが、明日モナコに向かいます。
そして明後日はミラノです。旅は終わりかけています。
leonaさんの街に行って、お会いできれば素晴らしかっ
たのですが...

スペインでは久し振りのtapas美味しかったです。
カタクチイワシのフライとか、チピローネスとか...

スペインにいる時はフランスの方が洗練されている様で
憧れていましたが、いざとなるとフランス素通りのスペ
イン派です。

とはいえ、今回はマドリードに行く時間が取れなくて
残念でした。次回はイベリア半島珍道中の企画を練ろう
かと思います。次回宜しくお願い致します!?

バルセロナではフラメンコと言う感じもしませんし...
そういえばSagrada Familiaの内装は、確かに完成に近い
ように思えました。

2011-12-28 10:20 | URL | bino [ 編集]

こんにちは
毎回、あまりの美しい風景た建築に目をまんまるにして
驚いています。。
本当に素晴らしい旅!!!うらやましいです、、
スペインこれほど魅力的なのですね、、
いつか行けるときがあったら絶対行ってみたい場所ばかり
見せていただいてありがとうございます。。
よい旅とよいお年をお迎えくださいませ~。
また来年も楽しみにしております、、(少し早いですが、、)

2011-12-28 17:34 | URL | sakana74 [ 編集]

Re: タイトルなし

sakana74さま、

スペインはバルセロナしか今回は滞在できませんでしたが、
マドリードを始め、どの町にも違う表情の景色があります。
光と影が良くも悪くも大きなコントラストがあるのが、ス
ペインの魅力だと僕は思っています。同じ南欧でも、イタ
リア、フランス、いやポルトガルとさえ大分違います。
是非、足を運んでみて下さい。

こちらこそ、素敵な写真の数々をいつも見させて頂き、
ありがとうございます。

良い歳をお迎え下さい!

2011-12-29 00:56 | URL | bino [ 編集]

彼・・・

溜息ものです~
ここで 私も彼に惚れてしまいました^^
あ、ここで写真を撮ったわ、、、って懐かしい場面です。

スペインへ行く動機になったのがサグラダ・ファミリアでした^o^
内部が素晴らしい!
あの時代にこの構想をするなんて ただただ驚きですね。
時を経ても斬新ですばらしいです。
近未来的SFっぽい感覚にも思えます。

私が訪れたのは8年前だったと思いますが(たぶん?)、
あの日の感動が甦りますw(゜o゜)w
もう一度、絶対に行こう、、、って 決意を新たにしてしまいました^^
行きたい処が多すぎて,,,,,((((((^_^;)




2011-12-31 13:31 | URL | momin [ 編集]

Re: 彼・・・

mominさま、

男の僕が惚れる男なので、本物の男です??
というか、彼のユニークな才能に惚れたファンという感じですが。

後100年経っても、あの重厚さと未来性を同時にデザインできるか
否か、?マークだと思います。奇抜なデザインをする人は沢山いま
すが、あの誰でも包み込むような優しさと新鮮さを兼ね備えている
デザインはなかなか難しいと思います。

僕が最後に行ったのは多分20年位前でしたから、未完成の内装が
ほぼ完成されていたような違いを見る事ができました。

是非、また足を運んでみて下さい。

2011-12-31 19:34 | URL | bino [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://biquini.blog11.fc2.com/tb.php/435-99b4d370

profile

bino

Author:bino
I love Brazil, the seas,
motorcycle, photographs,
the beautiful ceramics...

um momento inesquecivel...
I want to send the scenery of
an unforgettable moments.

visitors

flag counter

free counters

PVポイント

email form

your name:
your email address:
subject:
your message:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

下の「ブラジル情報」アイコンをクリック頂き、ランキングの応援を頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ

twitter

Follow takagatinho on Twitter

search

QR code

QRコード

月別アーカイブ