僕らに出来る事 ( Atomic Bomb Domeを訪れて )2011-12-12(Mon)



僕は、戦争も核の脅威も直接知りません。

底知れぬ核の恐怖に接した事もありません。

rdome1.jpg
















その脅威や悲惨さを少しでも感じる事ができればと、

昨年末、原爆ドームに一人出かけてみました。

dome12.jpg















行って良かったです。

黙って見ていれば、涙が出てきそうな位、心を揺さぶられました。


かたや無邪気にはしゃいで記念写真を撮っている観光客の姿も多く、

負の世界遺産である事すら忘れてしまうという、時間による過去の

風化という現象も垣間見ました。

rdome2.jpg

















自分が万が一、あの時、ここの場所に居合わせていたらと、

一生懸命イメージしようとしても、意味もわからぬ恐怖に妨害されてしまいました。

dome3.jpg
















この人は何も思い、何を見つめているのでしょう?

dome7.jpg















僕もひたすら祈りました。

過去の人、現在の人、未来の人の為に...

dome4.jpg














人の欲、そう、自分さえ、自分達さえ良ければ良いという欲。

この欲が、全ての争いの根源であり、

勝てる筈もない自然に歯向かったり、危険な核を無責任に使う原因だと思います。




でも、この母親と同じ愛や思いを、感じ取ることが出来ない人はいるのでしょうか?

dome8.jpg















長いものに巻かれたり、

後先を考えず、他の人や自然への悪影響を考えず、

単に欲の為、単にその場を繕う為だけに、我々は行動していませんか?


私欲に血眼な政治家と、それに群がり悪への誘導に加担する御用学者。

それが僕らを象徴しているのかもしれません。

dome11.jpg
















そうではない!と言いたいですよね。

僕らが小さな勇気を持って出来る事は目の前に沢山あるのですから、



原爆の子の像。

僕らは、悲劇を作る加担者になるのではなく、

ひとつの鶴を折り、その輪を広げるような行動をしたいですね。

dome6.jpg

















この母親に手を引かれている子供が、

いつか母親になって、青空の下、子供の手をひいている姿を

僕はイメージしました。


未来に向けて、僕らは進んでいるのですよね。

地球の自然に抱かれながら...

dome9.jpg













僕はある方の福島取材記事を読んで、

この原発ドームを訪れた時に考え感じた事を強く思い出しました。


下手な写真と一緒に自分の思いを書いておこうと思いつきました。

dome1.jpg














より少ないものに、より幸せを感じられる様な生き方をしたいものです。

dome2.jpg













スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:海外情報 » テーマ:郷愁... 日本を思う。

Comments(7) | Trackback(0) | Japan

Comment

写真と文章がぴったり合って、ぐっと迫ってきました。
素敵なブログを見せていただきました。
お気持ちに心から賛同します。

2011-12-11 18:21 | URL | Maririn [ 編集]

感謝!

ありがとう!!

2011-12-12 02:09 | URL | yokoblueplanet [ 編集]

今生きている。
家があり、美味しい食事ができ、温かいふとんで寝て、
目が覚め、また1日が始まる。
これが幸せですよね。
贅沢できなくても普通に過ごせることの幸せに
気付くことができて良かったです。

今はあれが欲しい、これが欲しいとか思わなくなりました。
行きたいところはあるけど・・・^^;
自然に任せていると行けたりするもんですね(^^)

2011-12-12 02:56 | URL | dango [ 編集]

Re: タイトルなし

Maririnさま、

僕は鈍感だったり、無関心だったり、いい加減だったりするのですが、
時々、五感にピリピリと感じるものがあったり、考えたりすることも
あります。

他人に勝手に同調した振りしたり、知りもしないのに上辺だけで講釈
垂れたりというのは避けたいと思っています。

チェルノブイリも近くまで行ったり、事故の後処理をした人の話を聞
いたりした時は、ドッキリしました。読むだけのニュースとは違います
よね。それだけではいけないとも思いますが。

2011-12-12 17:13 | URL | bino [ 編集]

Re: 感謝!

yokoblueplanetさま、

Yokoさんの日々の行動の千分の一にも満たぬいい加減なものですが、
心の中で一人思いを閉じ込めているよりは、写真で訴えられればと
良いなと急に思い立った次第です。

2011-12-12 17:15 | URL | bino [ 編集]

Re: タイトルなし

dangoさま、

正に仰る通りだと思います。

健康で愛する人に囲まれて生活できる事程、贅沢な事は無いのだと思います。
それに感謝すらできない自分を時々恥ずかしく思います。

僕にはまだ欲しいものやら行きたい所やら沢山あります...
そういう自分ときちんと向かい合って少しでも真価を計れる人間になる様
努力したいと思います。

2011-12-12 17:27 | URL | bino [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011-12-13 19:40 | | [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://biquini.blog11.fc2.com/tb.php/419-47d9375e

profile

bino

Author:bino
I love Brazil, the seas,
motorcycle, photographs,
the beautiful ceramics...

um momento inesquecivel...
I want to send the scenery of
an unforgettable moments.

visitors

flag counter

free counters

PVポイント

email form

your name:
your email address:
subject:
your message:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援お願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ

ありがとうございます。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

twitter

Follow takagatinho on Twitter

search

QR code

QRコード

月別アーカイブ