Nov/06 at Buenos Aires (ジプシーの郷愁)2010-11-07(Sun)




昨日、僕はサンパウロを後にしました。

binaのいるブラジルから離れるのは結構寂しかったです。

20101106-16.jpg














辿り着いたのはブエノスアイレスでした。

ここは、日本の真裏にあって郷愁を感じる不思議な町です。

20101106-1.jpg















ベランダには小さなテーブルと2つの椅子。

ここで、愛する人だけを見つめながら、

ワインを飲めたらどんなに素敵な時間となる事でしょう。

こんな狭い空間でも、二人にとっては大きく優しい空間に

なるんだろうなと変に僕は感心していました。

20101106-2.jpg
















そんな思いを頂きながら、

一人っきりのジプシーのような朝を迎えました。

考えたら、今の僕は帰る家もないホームレスな状態です。


せめて自然と触れ合い気分転換しようと

自然保護区Reserva Ecologicaに向かいました。

20101106-7.jpg

















自然保護区では、自然の中に溶け込もうと

3時間以上ずっと歩いていました。

なるべく頭を空にしようと務めながら...


でも、頭はいつの間にか様々な思いで複雑に絡まってしまいました。

そして、家が無い状態の僕には、優しい家の風景が目に染みました。

20101106-6.jpg

















祈りたいような切なさも感じました。

20101106-5_20101107064619.jpg

















何かに大きなもの包まれたいような孤独感に苛まれました。

20101106-3.jpg
















暫し、ボーっと橋からブエノスアイレスを眺め、

切なく寂しい筈の僕だったのですが...

やはり朝から何も食べてないまま長距離を歩いたので空腹感に襲われ?...

日本食レストランに行こうとタクシーを拾いました。

20101106-4.jpg















初めて行くレストランでしたので道に迷い僕はパトロール中の警官に

行き方を聞きました。その時の僕の瞳は寂しそうに媚びていたのでしょうか...


一度立ち去ったこのパトカーがまた僕の所に来てくれて乗りなさいと。

そして目的地まで連れて行ってくれました。


パトカーに乗ったのはサンパウロに次ぎ、生まれて2度目です。

やはり座席は硬質プラスチックで硬く冷たかったけど、警察官2名の優しさで

それは十二分に相殺できました。

20101106-9.jpg














で、パトカーにて目的に着いたら、この様です。閉まっていました。

警察官が憐れむような眼で他の場所に連れて行ってあげようかみたいな

瞳を投げかけてくれましたが、自分でどうにかするからとお礼を言って

僕はここでパトカーを降りました。

20101106-8.jpg













アルゼンチンの警官の優しさに打たれた僕は少し元気になって、

そしたら益々空腹感を覚えて、前から行きたかった150年以上の

歴史のあるCafeに行く事にしました。

20101106-11.jpg















この場所も、迷い迷いやっと探し当てたのですが、

入口の前は行列です。ここで一人寂しく待つのも嫌なので、諦めました。

20101106-10.jpg















お腹は空き過ぎてかえって空いているのか否か

良くわからないような有様となりました。


そんな僕の目の前に中南米で1番古い地下鉄の駅が...

僕は飛び乗ってしまいました。どこに向かうのかわからないまま。


この地下鉄、木で出来ているんです。

20101106-12.jpg
















でもって、

方向音痴の僕はホテルとは逆の方角へと向かう地下鉄に飛び乗ったのでしょうが、

元々この地下鉄に乗ってみたかっただけですので、適当に知らない駅で降りて、

タクシーに乗って、ホテル近隣のcafeに辿り着きました。

20101106-14.jpg















目の前でジプシーの親子かカップルか知りませんが、ギターを奏でていました。

何かその音楽が琴線に触れた僕は、2度チップをあげて、やっとあり付けた食事を

シェアーしようとオファーして、彼らが一生懸命作ったにも関わらず、新しい筈なのに

オンボロの自家製CDを3枚も買ってしまいました。

20101106-15.jpg









そのCDのジャケットに書いてあった彼女の名前が妻と同じ名前でした。

僕は、そっとその場所を後にして、一人ホテルに戻りました。



その後の事をご覧になりたい方がいらっしゃいましたら

↓をクリックください。
20時過ぎ。

ホテルの部屋。

鬱積した疲労で体がだるい。

でも、お腹は空いている。

一瞬、我慢しようかとも思ったけれど、

食い意地が張って僕はアルゼンチン・ビーフの香りのする方向へ。

20101106-17.jpg















EL ESTABLOという古いレストランに一人で入りました。

20101106-18.jpg













頼んだものは勿論ビーフです。

赤ワインを片手にむしゃぶりつきました。

とても、とても、美味でした。

20101106-19.jpg











帰り道。

またしても、ふとパトカーと目が合いました。

横腹には911とあります。

ふとホテルのカードを確認すると、僕の部屋番号も911でした。

20101106-20.jpg














そして、僕はホテルに戻り、追記部分をアップしています。

20101106-21.jpg





スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:海外情報 » テーマ:アルゼンチン

Comments(17) | Trackback(0) | Argentina

Comment

琴線

今回のお写真は全部琴線に触れています。。
色、雰囲気、構図。。懐かしい気さえしています。
何故でしょうね、一度も訪れた事がない街なのに・・
パトカー。。綺麗ですね(笑)
凄く素敵なショットの数々。。お部屋のインテリアに
使わせて頂きたいくらいです。。後で数枚をリクエストさせて頂いても宜しいでしょうか?

どうぞ良い週末を!

2010-11-06 16:15 | URL | kyoko [ 編集]

Re: 琴線

kyokoさま、

えっ?と思わず写真を見直しましたが、
写真としては上手くもなく、構図も良くなく、稚拙なものばかりで、
僕らしく繊細さに欠けたものばかりで、恐縮しました。。。
そんなもので宜しければ幾らでも。指定頂ければemailします。

パトカーのお巡りさん。男女のペアでしたが、本当に優しい方々でした。

kyokoさんこそ良い週末をお過ごしください。

2010-11-06 16:42 | URL | bino [ 編集]

ブエノスアイレスに・・・

binoさん、 ブエノスアイレスにいらっしゃるんですね。
日本からは正に真裏の国に。
小さな空間のベランダにシックなテーブルといすは
なぜか魅力的ですね♪
辛く空腹でさまようbinoさんの気持ちとは裏腹に
行ったことのない景色に私は結構楽しく拝見させて
いただきましたm(__)m
 
パトカーに道を尋ねたら 戻って来たパトカーが目的地まで
乗せていってくれるなんて そんな小さな優しさが
嬉しいですね。 私もこの暑い夏 パトカーに道を聞いたら
乗せてはくれなかったものの のろのろ運転で目的地まで
誘導してくれたことがあり、 嬉しかったです。

住宅街の窓辺にお花も美しく飾られていて きれいな街ですね。
木の地下鉄を見るのははじめてかも・・・
今はちょっと孤独で辛い時期と思いますが、 きっともうすぐ
またお二人で楽しく暮らせる日が来ることと思います。 
地球の裏から応援していますよ。
素敵なお写真たちどうもありがとうございました。

2010-11-06 18:59 | URL | lavande [ 編集]

さすが南米のパリと言われるだけあって、街並みの美しさはさることながら、binoさんの写真によってそれがますます引き立てられていますね!

さぁ、元気をだしていきましょうv-352
泣いても笑っても時が経つのが同じなら笑って過ごさないと。binoさんと同じ思いで過ごしている方のためにも、笑顔で過ごしましょe-271

2010-11-06 19:01 | URL | YUMING [ 編集]

Re: ブエノスアイレスに・・・

lavandeさま

ありがとうございます。

lavandeさんの温かい言葉で、地球を小さく感じる事ができました。

小さな空間の小さなテーブル。
そんな場所でもきっと向き合う人がいれば無限の世界なんだろうなと
ふと思った次第です。

アルゼンチンの警官のファンになりました。
ここは初夏で今日は32℃ありましたが、彼らは車の中で
クーラーも着けずに、でも、防弾チョッキを着て...
えらいな~と感心しました。

ブエノスアイレスの街並みは、サンパウロのそれより欧州風で趣きが
あり、お洒落な気がします。

木の地下鉄なんてかえって粋ですよね!?

2010-11-06 19:13 | URL | bino [ 編集]

Re: タイトルなし

YUMINGさま、

ありがとうございます。

仰る事、ご尤もです。
何に対しても誰に対しても、一切クレームしない。
positive thinkingで物事に対処する。
それが1番ですね。言うが易しですが、実行するのは
なかなか難しいですが、その心意気を忘れずにトライ
してみようと思います。

その為にも食べねばと!
肉編を続きに追加しておきました!?

2010-11-06 19:26 | URL | bino [ 編集]

こんにちは

ほんとに・・最初の方がコメントしていらっしゃるように
琴線に触れる写真と語り
じわっと胸にくるものがありました
大切な方と
早く一緒に時間を過ごせますよう
祈っております
逢えない時間の切なさもまた他者から無責任に見せて頂くと味わい深いものなのですね・・
写真から滲みでているようです
ごめんなさい、、

2010-11-06 19:44 | URL | sakana74 [ 編集]

アルゼンチンビーフ

美味しそうでよだれがでてきました(笑)
そうです、まずは食べないと!
アルゼンチンなら乳製品も美味しいはず。
しっかり食べてしっかり栄養とってエンジン全開で頑張りましょう!お互いにv-218

2010-11-06 20:09 | URL | YUMING [ 編集]

Re: タイトルなし

sakana74さま、

ありがとうございます。

社会を生き抜く処世術は、心に重く鎧を重ねる事を強いたり、
痩せ我慢を強いたりしているのだと思います。

勿論、大人として我慢せねばならない事もあるのでしょうが、
せめて自分のブログでは、なるべく素直な自分を表現したい
と思っています。多少格好悪くても良いんだと。

写真には、その人の気持ちや、その人の性格や、その人自身が
reflectされるような気がします。

僕は自分の写真を見て、本当に苦笑いしている次第です。

2010-11-06 20:10 | URL | bino [ 編集]

Re: アルゼンチンビーフ

YUMINGさま、

エンジン全開ですね!

今回の旅、飛行機に11回乗りかえると最終目的地です。
最終目的地での居場所も決まっていないホームレス状態
ですが、元気いっぱい頑張ります!

2010-11-06 20:13 | URL | bino [ 編集]

こんにちは、binoさん。

遠い街からの最初のお便りは
「binoさんの物語」、ですね。
binoさんのココロが映し出された写真。
そしてそのココロが語る言葉。
どの写真にも切なさと夢や希望が少しずつ
混ざっているのが見え隠れ。。。

初めて触れる見知らぬ異国ですが
binoさんに切り取られたその国は
とてもとても魅力的に感じます。

binoさん、きっと後から思えば
今日の出来事はほんの小さな通過点。
もしかしたらこの国での時間さえ
人生の中のほんのわずかな通過点。
愛を抱えながら別々に暮らす時間は
途方もなく寂しいと思いますが
binoさんとbinaさんですもん!
会えない時間がますます
素晴らしい愛を育てることと思います。

binoさんの新天地での暮らしが
素晴らしいものでありますように。
お身体にお気をつけて。
ご活躍をお祈りしています。

2010-11-07 01:31 | URL | 花。 [ 編集]

Re: タイトルなし

花。さま、

ありがとうございます。

そうですよね。
越えねばならない必要な事として、
結果としては人生にプラスになる事として、
今の状態を与えられたのでしょうね。

今までも何度も同じ位の時間離れていた事があります。
今回は僕には帰る家が無い事、居場所がわからない事、
そういう曖昧さが今までとは違い、不安を掻き立てて
いるような気がします。そして、今までの疲労の鬱積
が不安を更に増長させているような。

そういう時、自分がせねばならない事は、
やはり、今という瞬間を一生懸命生きる事なのでしょう
ね。自分以外のものを恨めしく思ったり、責任をなすり
つけたりせずに、全て自分で前向きに片づけていかねば。
自分の心と体を鍛えるのも守るのも僕の仕事ですから。

花。さんの優しい言葉で、元気を頂きました。
ありがとうございます。

2010-11-07 02:49 | URL | bino [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-11-07 07:28 | | [ 編集]

こんにちは。久々にブログを拝見して
いろんな場所に行かれているのでびっくりしました!
そして写真がどれも綺麗でじーっと見入ってしまいました。。
ブエノスアイレス、友人が訪れたことがあるんですが
彼女曰く『絶対私が気に入る場所』だとかで、
ずっと気になっていた所です。
写真だけ見るとヨーロッパのと勘違いするような景色ですね。ちょっとイタリアにも通じるな、と思いました。
アルゼンチン・タンゴは見に行かれましたか?

binaさんと離れての旅、寂しいと思いますが
お気をつけて、でも楽しんでくださいね!

2010-11-07 10:00 | URL | ととちゃん [ 編集]

Re: タイトルなし

ととちゃん様、

ご訪問ありがとうございます。

今は旅の途上です。
ミシガンのアパートからは引っ越し荷物を出してしまいました。
10日に1度ミシガンに戻りますが、12日にアメリカを去ります。

今日は日曜日ひとりで少し散歩してきました。
路上タンゴの写真も撮りましたので後日アップします。
中南米は欧州と比べればお洒落さにかけるというか、ドンくさい
というか...その中でもアルゼンチンやチリが欧州に近いものが
多い様な気はします。

是非ブエノスアイレスを訪れてみて下さい。素敵な街ですよ。

追伸:カテゴリーのArgentinaをクリック頂きますと、幾つかタンゴ
   の様子を撮影したものありますので、宜しければご覧下さい。

2010-11-07 11:34 | URL | bino [ 編集]

日本の真裏

日本の真裏はこんな街が広がっているんですね
アジアから離れたことがほとんどないので
そちらの様子を興味深く拝見しました

建物は全体的に古い石造りなんでしょうか?
ヨーロッパのようです
お洒落なCafe・・
人気の店はどこの国でも並ぶんですね

パトカーで日本食レストランに行った人は
おそらく少ないと思いますよ(^^ゞ

地下鉄も木製?
初めて見るものばかり・・

なかなか裏側には足を運べないかもしれませんので
binoさんのこれからのブログを楽しみにしています!

2010-11-08 01:06 | URL | nonnon [ 編集]

Re: 日本の真裏

nonnonさま

コメントありがとうございます。

今は北半球に戻ってきてしまいました。
とは言え、今からマイアミ経由で再び赤道越えしてペルーですが。

ペルーは郊外の星空が凄いのですが、今回はそれを実に行く時間
がないのが残念です。

石造りの古い建物も多いのは、欧州に似ていますね。

珍道中、珍風景で笑って頂けますよう、感動頂けますよう、頑張ります!

2010-11-08 09:24 | URL | bino [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://biquini.blog11.fc2.com/tb.php/186-6f15b548

profile

bino

Author:bino
I love Brazil, the seas,
motorcycle, defender,
photographs,
the beautiful ceramics...

um momento inesquecivel...
I want to send the scenery of
an unforgettable moments.

visitors

flag counter

free counters

PVポイント

email form

your name:
your email address:
subject:
your message:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

下の「ブラジル情報」アイコンをクリック頂き、ランキングの応援を頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ

twitter

Follow takagatinho on Twitter

search

QR code

QRコード

月別アーカイブ