Hokkaido (red-crowned crane)2010-09-07(Tue)



ん?

20100903-15.jpg











んっ? もしや...

20100903-2.jpg











でも...

20100903-16.jpg













やはり・・・

20100903-18.jpg














そうです。タンチョウヅルです。

『丹頂』の字の如く、丹(赤い)、頂(頭)を持ったツルです。

20100903-21.jpg















彼らは一本足で寝るようでした。

寝ながら悩んでいるように見えました。

僕らだけが、タンチョウなのか?と...

20100903-20.jpg













カップルで仲良さそうです。

20100903-17.jpg
















これは7月にアメリカで撮ったカナダヅル。

日本のタンチョウヅルの方が綺麗ですが、

カナダヅルもしっかり『丹頂』していますよね!?

20100701a.jpg












釧路湿原には1,000羽以上のタンチョウヅルが住んでいるそうです。

タンチョウヅルは冬に飛来してくる渡り鳥では無く、ここにずっと
住んでいるそうです。なので、夏場でも湿原で時々見かけます。

冬場は餌を取るのが難しいので餌付けをする場所に皆来るそうです。
良く見かける写真の背景が冬景色なので、冬を日本で過ごす渡り鳥
だと勘違いしている人が多いとの事でした。僕のように。

やはり、冬のタンチョウヅルを見てみたいですね...





スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:海外情報 » テーマ:一時帰国

Comments(12) | Trackback(0) | Japan

Comment

リンクしてくださっていたのですねv-356
ありがとうございます。
私もリンク貼らせていただきました。
よろしくお願いいたしますe-466

冬のタンチョウヅル、少しもの悲しさ誘うような、キレイさを感じますよね、、、。

2010-09-06 17:32 | URL | ふーみん09 [ 編集]

いましたか!

確かにいつも写真で見るのは、
雪の中でダンスしているタンチョウズルですよね。

良い場面が撮れてラッキーでしたね。

お陰さまで自分で見た気分になりました。

ところでこの撮影には望遠レンズをお使いになっておられるようですが、
重いレンズをいつも持って歩かれるとはあっぱれです。

見習わなくては・・・

2010-09-06 18:06 | URL | kazu115 [ 編集]

Re: タイトルなし

ふーみん09さま、

失礼しました。事前承諾を取っていなかったのかもしれません...
リンクの順番は、勝手にアルファベット順としておりますが、貴ブログを
リンクさせて頂いたのは、ずっと前です。きちんと確認すべきでしたね。

相互にリンクという事で嬉しい限りです。
改めて宜しくお願い致します。

冬のタンチョウはエレガントで濁りが無く、でも、やはり、少し物悲しい
イメージがありますね。

2010-09-06 18:13 | URL | bino [ 編集]

Re: いましたか!

kazu115さま、

タンチョウは、湿原の中で野生のものに見えても、banding(個体認証の
為の足輪)をしているものもいました。飛んでいる写真は、阿寒湖を渡
っている場面のものです。

タンチョウを保護している場所にも行って、間近で観察しましたが、賢く
家族を大事にする鳥なのだなと思いました。

バズーカのような500mmのレンズをアメリカから持ってきて、数km歩く時
も担いでおりました。重くてどうしようもない代物ですが、ここぞという
瞬間を逃したくなくて、頑張って持ち歩いていた次第です。

2010-09-06 18:23 | URL | bino [ 編集]

日本の丹頂鶴は やはり美しいですねv-352
和の上品さを感じます。

釧路湿原は ずいぶん前、真冬に行ったことがあります。
多くのカメラマンが大きなレンズ(バズーカですね、ほんと^^)を付けて三脚たてて待機していました。

あんな重い物を担いで数キロも歩き(゜o゜;ですか!
すばらしい_ρ(^^ )/
そうじゃなきゃ いつも「瞬間」を撮れないですよね。

真っ白な雪原に丹頂が舞う姿はとっても美しかったv-343
でも、ひたすら寒くて{{ (>_<) }}凍えそうでした。

2010-09-06 21:31 | URL | momin [ 編集]

丹頂の意味

知らなかったです
「タンチョウ」とは、そういう意味だったんですね

それに私も渡り鳥かと思っていました
釧路に定住しているとは・・
知らなかったです

それにしてもバランス感覚がいいんですね
細い足におおきな体・・
YOGAでいつもふらついている私とは大違い

実物は見たことがないのですが
大きいでしょうね~!

2010-09-06 23:32 | URL | nonnon [ 編集]

Re: タイトルなし

momin様、

僕のblogのタイトルは、『忘れられない一瞬の風景』ですので、
重くとも、暑くとも、寒くとも、一瞬の感動を逃さないように
最大限の努力をしたいと思います。時々、くじけますが...

確かにタンチョウの色合いは、和のイメージと高貴さを感じます。

今度冬に震えながら大きなレンズと三脚を構えている危なそうな
男がいたら声をかけてみてください。僕だと思います!?

2010-09-07 04:28 | URL | bino [ 編集]

Re: 丹頂の意味

nonnonさま、

僕は殆どの事に無知に生きてきてしまったので、
今更ながら驚く事が多いです。

逆に読んで覚えるより、実際に見て覚える方が
性に合っていると開き直っています。

細い一本足でビクともしない姿はアッパレでした。
しかも寝ているのですから凄いです。

実際は大きいのですが、見た目には結構スマートで
余り大きさは感じませんでした。

2010-09-07 04:39 | URL | bino [ 編集]

美しい

やっぱり、やっぱり、日本の丹頂鶴は美しい!
ロシア留学時代、レポートで〝夕鶴〝を訳して解説つけて提出したのですが、ロシア人の灰色のさえない鶴のイメージでは〝夕鶴〝の美しさが伝わらず、丹頂鶴の解説まで付けて再提出したことがありました。
あんな美しい物語がうまれるのも納得の美しさ。まるで舞っているかのような動きですよね。飛び立つ姿も軽やかで、大好きです。

2010-09-07 09:04 | URL | Tanya [ 編集]

Re: 美しい

Tanyaさま、

日本の丹頂鶴の優雅さは和の美しさそのもので、汚れない高貴さのようなものを感じ
ました。日本人である僕らも見習わねばと思いながら飽きずに見つめていました。

冬景色の中での丹頂鶴の舞いや飛ぶ姿は是非見てみたいです。

鶴をテーマにしたバレエってあるのでしょうか?

2010-09-07 09:30 | URL | bino [ 編集]

鶴のバレエ

うーん、有名なものは無いような気がします。
私としてはぜひとも誰かに“夕鶴”を振りつけて欲しいですが…
確か、どこか地方のバレエ教室の先生が丹頂鶴のイメージで何か創作されていた様な気が。
オペラにはなってますよね。

2010-09-07 10:08 | URL | Tanya [ 編集]

Re: 鶴のバレエ

Tanyaさま、

swan lakeがあるのですし、鶴の優雅な舞や飛んでいる姿はバレエでの表現としても
良い題材では無いのかなと素人ながら思った次第です。

和の題材が世界的に認められれば素晴らしいですよね!?難しいのはわかりますが。

2010-09-07 16:35 | URL | bino [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://biquini.blog11.fc2.com/tb.php/149-e2b4930a

profile

bino

Author:bino
I love Brazil, the seas,
motorcycle, photographs,
the beautiful ceramics...

um momento inesquecivel...
I want to send the scenery of
an unforgettable moments.

visitors

flag counter

free counters

PVポイント

email form

your name:
your email address:
subject:
your message:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援お願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ

ありがとうございます。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

twitter

Follow takagatinho on Twitter

search

QR code

QRコード

月別アーカイブ