少しだけ、秋の気配...2010-08-14(Sat)



夏が、海が、白く焼けた砂が、僕は好きなのですが、


今年は休みも無く、海にも行かないまま、


ミシガンの短い夏が過ぎ去ろうとしています。




日中はまだまだ暑いのですが、


朝夕の太陽や、空気に秋の気配を感じ、切なくなります。


この何とも言えない切なさは、少年時代からずっとかわらない気がします。


20100813-1.jpg













今は、緑の中、沢山の鳥がいますが、、


彼らも既に秋の気配を感じているのでしょう。


20100813-5.jpg













やがて、湖が凍れば、水鳥はどうするのでしょう?


20100813-4.jpg













皆、どこかに渡って行ってしまうのでしょうか...


20100813-2.jpg












昨夜は蚊に刺されながら、


この湖もまた凍ってしまうのだなと考えたりしていました。


20100812-1.jpg











ここの秋は、短い夏よりも、更に短く感じます。


20100812-3.jpg












昨夜、流星はここでは見れませんでしたけど、


少しだけ、秋の気配を感じてしまいました。


20100812-2_20100814093550.jpg














追記:

港の見える丘公園。 あのベンチは、まだあるのかな...

あの時、僕が見た景色をもう一度だけ見てみたい。




スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:海外情報 » テーマ:アメリカ生活

Comments(14) | Trackback(0) | USA Michigan

Comment

binoさん、こんにちは。

素敵なお写真とbinoさんの語る言葉を読んでいると
大きなスクリーンの前で
静かに流れる画面を見てるような気持ちになりました。
ゆったりと大きく広がる画面が見えるような気がします。
そちらは夏も秋も短いのですね。
短いからこそ鳥や森の生き物たちは
この素敵な夏を謳歌しているのでしょうね。
秋の気配がお写真から伝わってきます。
とても静かな安らげる時間をいただきました。
ありがとうございました。

2010-08-14 02:41 | URL | 花。 [ 編集]

Re: タイトルなし

花。さま、

ありがとうございます。

本当は、昨日でもなく、明日でもなく、今を受け入れて、それを
大切に楽しむ事が、一番大事な事なのでしょうね。

でも、春には夏の到来を待ち望み、夏の後半には秋の事を憂う。
ちょっと、情けないですね。

今、急に思った事なのですが、
昔、オフコースの『秋の気配』という歌があって、その歌詞に出てくる
公園は、横浜の『港が見える丘公園』だと勝手に解釈しているのですが、
あの公園には思い出があって、あの公園を海に向かって後ろから、秋の
気配を撮った写真を見たら、ジーンときてしまいそうです。

やはり、日本は良いですね。

花。さんの写真の色使いの美しさや優しさに、いつも無心で見入っております。
繊細な優しさをさり気無く感じさせてくれる花。さんに、ホントに感謝しております。


2010-08-14 05:06 | URL | bino [ 編集]

水辺の清々しさ

こんばんは。

大きなミシガン湖のほとりも、素敵な場所ですね☆
水辺はやっぱり落ち着きます。
鳥たちの声が聞こえてきそうです・・・

「何とも言えない切なさ」すごく共感しました。
私は子供の頃から昼下がりから夕方にかけて
なぜか物悲しい氣持ちになるんです・・・
季節も夏の熱いエネルギーから静かな秋への
ギャップに感情がついていけないのか・・・
自分でも定かではないのですが切ないです。
・・・星空を眺めると、リフレッシュ出来るので
遮るもののない地へmoveしたいです(笑
最後の夜空の写真に、ホッとしました☆

2010-08-14 06:45 | URL | Gypsy [ 編集]

Re: 水辺の清々しさ

Gypsyさま、

ありがとうございます。

今、僕の住む場所の辺りには、ミシガン湖を筆頭に大小の水辺が
沢山あります。今回の写真の湖は、Reeds lakeという場所です。
何だか好きな場所で、夕暮れや夜や季節を確かめに時々行きます。
2月7日、3月6日、3月30日、の記事の湖の写真もReeds lakeですが
季節や時間によって表情が違うのが今見たら良くわかりました。

僕は、今を大切にしないで、明日に期待して、ずっと生きてきて
しまったようで、自分の生きてきた年月は長いのに、何とも軽々
しい情けない人生だったような気がします。何度、自分の人生の
今という瞬間に真摯に真剣に臨んできたかと考えれば、指を折って
数えられる位かもしれません。

気持ちでは僕の一生はずっと夏なのですが、今という瞬間に感謝
して一心不乱に一生懸命生きないと駄目だなと考える自分の人生は
もしかしたら秋の気配が、或いは、夏の夕暮れ時にいるよな切なさ
すら感じているのかもしれません。飽く迄、僕の人生の舞台は夏の
海に徹しようとは思います。パッションを捨てずに。

陽に焼けて火照った体に心地良い風を感じながら、星空の下で笑顔で
いられるような人生が良いですね。

2010-08-14 07:25 | URL | bino [ 編集]

秋の気配ですね…

こちらもです…

切ない季節がまた今年もいつも通りやって来ます…

2010-08-14 09:00 | URL | アヌーカ [ 編集]

Re: タイトルなし

アヌーカさま、

良く考えると秋って素敵な季節ですよね。

でも、幾らでも切なくなってしまうのは何故でしょうね。

夏の終わりを告げ、冬の始まりを導くからでしょうか...

自然の木や動物は、皆、夏が好きなのでしょうか?

いや、冬以外は皆良いのかな?


> 秋の気配ですね…
>
> こちらもです…
>
> 切ない季節がまた今年もいつも通りやって来ます…

2010-08-14 09:05 | URL | bino [ 編集]

秋が一番

今の場所に住んでから、秋が一番好きになりました。夏は陽が強すぎてビーチに長居出来ず、秋は海の温度も低くなので泳げてビーチ三昧。食べ物は美味しい時期だし、一年の恵みを得るときと実感。秋にいらっしゃいませな。。。
あ、最後の写真素敵です。binoさんマジック満載!

2010-08-14 18:32 | URL | アンティー [ 編集]

Re: 秋が一番

アンティー様、

そうなんですか?
秋が泳ぎ三昧!?
いいな~
でもクラゲとかいないのでしょうか?
そうなると冬は?つまりは、今はどんな感じですか?

質問ばかりですみません。
今日はこっちのfinchを撮っていました。


2010-08-14 19:54 | URL | bino [ 編集]

センチメンタル

写真からミシガンの季節の移り変わりを感じます

日本はギラギラした暑さも過ぎてセンチメンタルな気持ちになりますね。。

2010-08-14 20:40 | URL | ニケ [ 編集]

こちらはまだ暑い日が続き
連日30度を越えるのですが
お写真を拝見していると
それほど暑くなさそう・・!?

湖の水が涼を感じさせますね
この湖が凍る!?
どんだけ寒いんでしょう・・・

でも寒い日もいいですね
積雪もあるのでしょうか?

最後の写真は星がたくさん映ってますね
探さなくても簡単に星が見えるっていいなぁ・・
香港は探さないと星は見れません(*_*)

2010-08-14 21:23 | URL | nonnon [ 編集]

Re: センチメンタル

ニケさま、

日本でじっくり四季を感じてみたいです。

日本から1番遠い所にいても、時々、センチメンタルな気持ちを煽られると

強く日本を思う事があります。日本にしかないものがあるんですよね。

そんな時、切ないんですよ。心の景色と目の前の景色が違うので。

2010-08-14 21:27 | URL | bino [ 編集]

Re: タイトルなし

nonnonさま

ここは、半年間、雪に閉ざされます。
寒い日はマイナス20℃以下にもなります。
ミシガン語のlake affectのお陰で、
冬の間、青空を見る事は殆どありません。

だから、動物も植物も、短い夏の間、生を
精いっぱい謳歌するのだと思います。

冬には冬の役目がきちんとあるとは思うの
ですが、僕はやはり夏が好きです。

香港で星が見えないのは、灯りが多過ぎる
からでしょうか?これからの人間には、街
自身が眠る環境が必要になってくるのでしょ
うね。どこでも星が見える地球になって
欲しいですね。

2010-08-14 21:46 | URL | bino [ 編集]

短い夏が終わると・・・ それより

もっと短い秋の訪れなんですね。 秋の心から
気持ちのいい爽やかなお天気の日って 私の住む
関西でもほんとに短いと思います。  binoさんの
住むところはもっと短い秋なのかもしれませんね。
鳥が旅立つ写真も 静かな夜の湖を覆う闇と
星の写真も 皆ステキですね。

港の見える丘公園は懐かしいですね、 私は昔
夏のこの時期にはよく葉山の森戸海岸へ友達と
遊びに行ったものです。 また思い出のベンチを
訪ねる事が出来るといいですね♪

2010-08-15 07:30 | URL | lavande [ 編集]

Re: 短い夏が終わると・・・ それより

lavandeさま、

ありがとうございます。

ここの秋は、どんどん変化し、満喫する前に姿を変えていってしまい
気が付けば、冬になっているというようなそんな感じです。

新緑の春、緑むせる夏、紅葉の秋の3つの季節が一緒に、冬の対極と
なって頑張っているような場所ですが、秋の紅葉は儚く葉を散らし
してしまいます。

神奈川は良いですよね。葉山には弟が、腰越には悪友が住んでいますが
まだ訪ねて行った事はありません。

昔は、小雪舞う中、鎌倉や茅ケ崎の海に入っていた事もあります。
あの辺りは、夏の喧騒よりは、134号線沿いをゆったりと走れる季節が
今は好きかもしれません。急にバイクにも乗りたくなりました。

2010-08-15 07:48 | URL | bino [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://biquini.blog11.fc2.com/tb.php/136-d9f805a8

profile

bino

Author:bino
I love Brazil, the seas,
motorcycle, photographs,
the beautiful ceramics...

um momento inesquecivel...
I want to send the scenery of
an unforgettable moments.

visitors

flag counter

free counters

PVポイント

email form

your name:
your email address:
subject:
your message:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

下の「ブラジル情報」アイコンをクリック頂き、ランキングの応援を頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ

twitter

Follow takagatinho on Twitter

search

QR code

QRコード

月別アーカイブ